写真

記者会見後、報道陣の質問に答える渡辺直行保健所長(右)=前橋市大手町(産経新聞)

埼玉、群馬の総菜店で販売された商品を食べた客から腸管出血性大腸菌O157が相次ぎ検出された問題は幼い女児=当時(3)、東京都在住=が亡くなるという事態に至った。前橋市は13日、女児を含む2人の新たな発症者の詳細な経過を発表した。会見は約2時間に及び、会見場の市立図書館(同市大手町)には埼玉や東京など県外からも多数の報道関係者が詰めかけたが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング