公立小中教員、若返り傾向続く ベテランの大量退職受け 文科省の平成28年度調査

産経ニュース / 2017年9月14日 18時12分

平成28年度の公立中学校教員の平均年齢は43・9歳で、22年度の前々回調査以降、低下傾向が続いていたことが14日、文部科学省の学校教員統計調査(中間報告)で分かった。公立小学校教員の平均年齢も同じく低下傾向。文科省はベテラン教員の大量退職に伴い、若返りが進んでいるとしている。調査は3年ごとに実施。昨年10月現在で全国の小中高校などに在籍する教員について調べた。その結果、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング