インフル患者の異常行動に注意を 厚労省が対策公表へ

産経ニュース / 2017年11月22日 22時17分

インフルエンザの患者が突然走り出して転落するなどの事故が相次いでいることから、厚生労働省が来週にも、窓の施錠などの具体的な事故防止対策を公表することが22日、関係者への取材で分かった。インフル患者の異常行動をめぐっては、10代以下の子供を中心に毎年50件ほどが報告されており、厚労省はより具体的に広く注意喚起する。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング