【編集者のおすすめ】習近平の独善性が深刻な軋轢を生んでいる…現地の実態交えリスクを検証 宮崎正弘著『習近平の独裁強化で世界から徹底的に排除され始めた中国』

産経ニュース / 2018年1月13日 11時2分

アメリカの政治学者、イアン・ブレマーは、今年の「世界10大リスク」の1位に「中国」を選びました。2期目に入った中国共産党総書記・習近平政権が野心をむき出しにし、国際社会との摩擦が増大する可能性を指摘しています。本書は、まさに世界中を取材して回る著者が、独裁化の進む習近平の中国が各国にどのような影響力を行使し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング