高エネルギーのニュートリノ 放出天体を特定 千葉大など国際チーム

産経ニュース / 2018年7月13日 0時22分

非常に高いエネルギーを持つ素粒子ニュートリノが40億光年離れた特殊な天体から地球に飛来していたことを初めて突き止めたと、千葉大が参加する日米欧などの国際研究チームが13日付の米科学誌サイエンスに発表した。チームは2012年、南極に設置した装置で高エネルギーのニュートリノを初観測。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング