青木ケ原樹海「自殺の名所」の汚名返上へ 山梨県がポスター初作成

産経ニュース / 2018年7月19日 16時2分

山梨県は19日、富士北麓の青木ケ原樹海に対する“自殺の名所”というマイナスのイメージを払拭しようと、啓発ポスターとロゴを初めて作成した。樹海で自殺を図る人が多いとみられる東京、神奈川、千葉、埼玉の1都3県の公共施設や金融機関などと、県内の宿泊・観光施設に計400枚のポスターを配布する。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング