水害ハザードマップ 7割が「見たことない」「確認していない」

産経ニュース / 2018年8月10日 9時27分

洪水、土砂災害、津波などのリスクを伝える自治体などの「水害ハザードマップ」で、自宅付近などの危険性を確認したことがない人は7割に上ることが、損害保険ジャパン日本興亜が全国の成人男女約1000人に行ったアンケートで分かった。近年の水害発生を受け、防災意識が「高まっている」と答えた人は61%。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング