独自の回収カプセルで実験成果拡大狙う こうのとり打ち上げ成功

産経ニュース / 2018年9月23日 6時17分

こうのとりに搭載された回収用の小型カプセルは、宇宙実験の試料を迅速に持ち帰ることで、日本実験棟「きぼう」の成果を拡大させる狙いがある。回収した試料は海外経由で日本に運んでいたため時間がかかり、鮮度の維持に課題があった。カプセルに収納できるのは約20キロで、米国の宇宙船の約1・5トンと比べごくわずかだが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング