川崎・武蔵小杉、住環境悪化で悲鳴 人口増の弊害、住民団体「開発抑制を」

産経ニュース / 2018年10月19日 19時42分

人口減少時代に逆行し、川崎市の武蔵小杉エリアでは高層マンションが林立して、増え続ける住民や企業によって経済活動が活発に行われている。だが、華々しい発展の裏で、人口過密やビル風、住民同士の軋轢(あつれき)などの問題が顕在化する一面もある。今月に入り、住民らが諸問題の解決を求めて市議会に陳情。住みよい街作りと発展の弊害にどう向き合うのか。市は難しいかじ取りを迫られている。「武蔵小杉にこれ以上、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング