レジ袋有料化、使い捨てプラごみ25%削減を明記 環境省の戦略素案

産経ニュース / 2018年10月19日 22時7分

環境省は19日、中央環境審議会の小委員会で、レジ袋有料化の義務づけなど平成42年までに使い捨てプラスチック排出量を25%削減することなどを盛り込んだ戦略の素案を示した。素案ではレジ袋有料化について、中小企業などの状況を踏まえ「必要な措置を講じる」とした。対象となる店舗の範囲などについては関係業界と調整するが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング