留学生の在籍状況 各大学に「退学」「除籍」の理由求める 所在不明問題で文科省

産経ニュース / 2019年3月22日 11時37分

東京福祉大(東京都豊島区)で留学生約1400人が所在不明になっている問題で、文部科学省は留学生の在籍状況をより的確に把握するため、各大学に求めている定期報告の実施方法を改める方針を決めた。柴山昌彦文科相が22日の閣議後会見で明らかにした。「退学」や「除籍」した留学生について、その理由の提出を求める。同省は各大学に毎月、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング