判決次第で法改正も 強制不妊救済法

産経ニュース / 2019年4月24日 11時47分

障害を理由にした旧法の「不妊手術」規定が削除されてから23年。今回の法成立で被害者救済へ大きく前進したものの、一時金の額の低さや謝罪の主体をめぐり、被害者らから反発の声が上がっている。原告は各地で提起した法廷闘争を継続する意思を崩しておらず、判決内容次第では法改正の可能性もあるなど波乱含みだ。ここまで問題が放置された理由は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング