バンクシー作品か 都庁でネズミの絵が公開 5月8日まで

産経ニュース / 2019年4月25日 11時17分

東京都内で発見された英国の覆面アーティスト、バンクシーの筆致とよく似た絵について、都は25日、都庁(新宿区)で一般公開を始めた。5月8日まで。絵は、東京臨海新交通臨海線「ゆりかもめ」の日の出駅(港区)近くにある、都所有の防潮扉で見つかった。縦1メートル、横50センチほどの余白に、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング