日本遺産、新たに16件 楠木正成ゆかりの大阪・河内長野など

産経ニュース / 2019年5月20日 12時7分

文化庁は20日、地域に伝わる文化や風習、史跡などを1つのストーリーにしてつなぎ、歴史的価値を一括認定する「日本遺産」に、南北朝時代の武将・楠木正成ゆかりの地として知られる大阪府河内長野市の「中世に出逢えるまち~千年にわたり護(まも)られてきた中世文化遺産の宝庫~」など21道府県の16件を認定した。日本遺産は地域の有形、無形の文化財などを生かした観光振興と地域活性化を目的に創設。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング