深海魚は暗闇で色を見分けているのか 常識覆す能力発見

産経ニュース / 2019年6月13日 7時2分

日光が届かない暗闇にすむ深海魚が色を見分ける能力を持っていることを、チェコなどの国際研究チームが遺伝子解析で発見した。明暗の判別に使う目のセンサーを多様に発達させ、これまでの常識を覆す視覚を身につけたらしい。米科学誌サイエンスに発表した。脊椎動物は、物を見るための網膜の視細胞に「オプシン」というタンパク質があり、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング