6度目の正直で藤井七段に勝利 都成竜馬五段は遅咲の花

産経ニュース / 2019年6月25日 8時22分

5月28日、大阪市福島区の関西将棋会館で行われた棋王戦予選決勝の相手は、最年少プロ、藤井聡太七段(16)。この日で対戦するのは6回目で、最も多く戦ってきた相手だ。プロ4年目。棋士になるための最後の関門「奨励会」の三段リーグは17期かかり、26歳の年齢制限ぎりぎりでプロになれた。一方、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング