日本人は世界一「座りすぎ」? 糖尿病や認知症のリスク…仕事見直す企業も

産経ニュース / 2019年6月27日 13時37分

職場では長時間のデスクワーク、自宅ではテレビやスマートフォン…。現代人は1日の約60%を座って過ごすとされ、なかでも日本人が座っている時間は世界トップクラスだというデータも。近年、そんな「座りすぎ」が健康に悪影響を及ぼす恐れがあるとの研究結果が明らかになった。肥満、糖尿病、脳血管疾患、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング