世界一忙しい日本の先生 部活、生徒指導…本業以外が負担に

産経ニュース / 2019年7月18日 11時17分

日本の先生は世界で一番忙しい-。経済協力開発機構(OECD)が6月にまとめた世界の小中学校教員の勤務実態調査でも明らかになった、教員の長時間労働。生徒指導や部活動、会議の資料作りといった授業以外の負担が重くのしかかり、知識や専門性を高めるための時間が十分に確保できない。教員たちは、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング