飲食店の無断キャンセル「逃げ得」許さん 防衛策が続々

産経ニュース / 2019年8月21日 11時2分

飲食店などで予約した客が連絡せずに来店しない「無断キャンセル」。見込んでいた売り上げを失ったり、準備した食材や人件費が無駄になったりするリスクがあり、業界では「NoShow」(ノーショー=姿を現さない)と呼ばれ、強く警戒されている。そんな中、保証会社が損害分をカバーしたり、弁護士が回収業務を代行したりするサービスが相次ぎ登場。どんなシステムなのか。■予約サイトとも連携「ネットの普及で予約や申し込みが簡単にできるほど、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング