【変わる多国籍の街・新大久保】(2)古株になった韓国人

産経ニュース / 2019年8月22日 17時27分

「昔は本格的な韓国料理を食べるところがなかったので、日本に住む韓国人に故郷の味を楽しんでもらおうと父が始めたんです」東京都新宿区の新大久保で最初に韓国家庭料理店を開いたと言われている「ハレルヤ」。総料理長の金東柱(キム・ドンジュ)さん(60)は父親から店を譲り受け、店は40年近く続いている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング