「あおり運転」被害どう防ぐ

産経ニュース / 2019年8月23日 11時32分

茨城県守谷市の常磐自動車道で起きた、あおり運転殴打事件では「私も同じ被害に遭わないだろうか」と危機感を抱いた一般ドライバーも多かったのではないだろうか。あおり運転の被害は年々、増加傾向。専門家も「誰にでも起きる可能性がある」と警鐘を鳴らすが、では、どうやってあおり運転から身を守ればいいのだろうか。(手塚崇仁)◇■他の車を刺激しないよう心掛ける一口に「あおり運転」というが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング