航空法、道交法、規制法、条例… ドローン飛行、ルール守って

産経ニュース / 2019年10月18日 9時7分

手軽に空撮が行えることから愛好家を増やしているドローン(小型無人機)。東京五輪・パラリンピックに向けて警察の警戒が強まる中、法律などで定められたルールを無視した違法飛行の摘発が相次いでいる。不用意な飛行による事故やトラブルを防ぐためにもルールを十分に理解しておきたい。(玉崎栄次)◇警視庁は8月末までに航空法違反容疑で21件の違法飛行を摘発。5月に書類送検された60代の男性会社員のケースでは、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング