囲碁・最年少名人の師匠が明かした「育て方」の極意

産経ニュース / 2019年10月24日 7時22分

第44期名人戦七番勝負で張栩(ちょう・う)前名人(39)を4勝1敗で破り、19歳11カ月の史上最年少で囲碁の七大タイトルを奪取した芝野虎丸名人が、決着から10日後の10月18日、日本記者クラブ(東京都千代田区)で会見した。偉業達成にはいまだ「実感は沸かない」とし、「次の目標もとくにない」と熱量低めの新名人。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング