殺虫剤成分開発に活用 除虫菊のゲノム解読

産経ニュース / 2019年12月15日 7時12分

蚊取り線香の材料に使われる除虫菊のゲノム(全遺伝情報)を大日本除虫菊(大阪市)とサントリー生命科学財団の研究チームが初めて解読した。蚊が媒介する感染症の対策強化に役立ちそうだ。英科学誌に論文が掲載された。約71億塩基対のゲノム配列を解読した。遺伝子は約6万個とみられ、その機能を解明すれば、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング