【入試情報】国公立入試、競争緩和も情報分野は人気継続 センター主要科目で平均点下がる 河合塾分析

産経ニュース / 2020年1月24日 8時22分

大手予備校の河合塾は23日、2020年度の大学入試センター試験の受験者から寄せられた自己採点と志望校データ「センター・リサーチ」をもとに分析し、試験の概況や受験生の志望動向についてまとめた。国公立前期日程の出願予定者数は前年比96%、後期日程は91%と減少しており、競争の緩和が期待できる一方、情報分野では競争率が高まりそうだ。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング