情報収集衛星打ち上げは2月以降 地上設備の配管に穴、塩害か

産経ニュース / 2020年1月28日 13時22分

三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は28日、同日午前に鹿児島県の種子島宇宙センターで予定していた政府の情報収集衛星光学7号機を搭載したH2Aロケット41号機の打ち上げを、2月以降に延期すると発表した。機体に窒素ガスを供給する地上設備の配管に穴が見つかり、原因究明や対策に時間がかかるため。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング