【話の肖像画】台湾元総統・陳水扁(69)(15)公約実現へ改革断行

産経ニュース / 2020年4月6日 10時2分

《1994年の台北市長選で勝利し、民進党出身として初めて台北市長となった。まず取り組んだのは市職員の意識改革だった》国民党政権は権威主義的な手法で国を支配していたため、その下にいた公務員たちにはエリート意識が強く、サービス精神が薄い。私はまず、市役所の接客カウンターの高さを120センチから75センチに下げることを決めた。それまでは職員が座って接客し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング