大阪のライブハウス経営者「早く知らせた方がよい」と公表決断

産経ニュース / 2020年4月6日 19時2分

新型コロナウイルスのクラスターの発生で休業している大阪市北区のライブハウス「Soapoperaclassics-Umeda-(ソープオペラクラシックスウメダ)」の経営会社社長、片山行茂(ゆきしげ)さん(52)が6日、産経新聞の取材に応じた。2月のクラスター発生時の店舗名公表を「たくさんの方がかかる可能性があり、早く知らせた方がよい」と決断したと振り返った。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング