【話の肖像画】柔道男子日本代表監督 井上康生(42)(8)世界王者3人、重量級全盛期

産経ニュース / 2020年5月31日 10時2分

《五輪、世界選手権、全日本選手権。柔道界の3冠を手にし、日本の柔道を背負う責任感が芽生えた》平成10年のアジア大会(バンコク)で、全日本王者だった篠原信一さんと宿舎が同じ部屋でした。篠原さんは「重量級の全日本で1、2位の俺らが負けるわけにはいかんわなあ」とおっしゃっていました。そのときに初めて、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング