新型コロナ候補薬、スパコン富岳で数十種類発見 理研 

産経ニュース / 2020年7月3日 20時47分

理化学研究所は3日、新型コロナウイルス感染症の治療に有望な候補薬を、新型スーパーコンピューター「富岳」(神戸市)を使って数十種類見つけたと発表した。新しい治療薬の開発につながると期待される。約2千種類の既存の医薬品について、新型コロナの増殖に関わるタンパク質にどのように作用するかシミュレーション(模擬実験)で調べた。タンパク質に結合して働きを阻害する効果を分析し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング