南極のペンギン、温暖化で大繁殖する可能性

産経ニュース / 2020年7月12日 13時17分

地球温暖化で海氷が減少すると、南極の代表的なペンギンである「アデリーペンギン」が繁殖しやすくなることを、国立極地研究所の研究チームが突き止めた。南極の海氷面積は今世紀中に3分の2に減少するとみられるため、大繁殖する可能性があるという。体長約70センチ、体重4キロ程度の中型ペンギンで、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング