札幌すすきの地区のキャバクラで集団感染 客と従業員計12人

産経ニュース / 2020年7月15日 19時7分

札幌市は15日、市中心部の繁華街すすきの地区の接客を伴う飲食店で新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生したと発表した。感染者は従業員11人と客1人の計12人。このうち11人は、15日に公表した新規感染者12人に含まれている。同市内のクラスターは14件目。市によると、店の業態はキャバクラ。市は「店の同意を得ていない」などとして店名公表を控える一方、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング