反原発メディアは伝えない? 日本学術会議の報告書が伝えたかったこと

産経ニュース / 2017年10月19日 7時6分

平成23年の福島第1原発事故の放射線被曝(ひばく)の子供への影響をまとめた日本学術会議の報告書が、メディアで報じられていないとしてネット上で話題になっている。報告書はどういうものなのか、そしてメディアはなぜ報じないのか-。話題となっている報告書は、国内の科学者の代表機関である「日本学術会議」の臨床医学委員会放射線防護・リスクマネジメント分科会が9月1日に発表した「子どもの放射線被ばくの影響と今後の課題〜現在の科学的知見を福島で生かすために〜」。参考論文などの紹介を含め全32ページからなる。学術会議事務局によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング