【法廷から】「天使が落ちてきた」「子供は死なない」熊谷6人殺害ペルー人被告 奇々怪々な発言連発

産経ニュース / 2018年2月21日 14時1分

3日間で3軒の住宅に押し入って小学生2人を含む6人の命を奪い、強盗殺人などの罪で起訴されたペルー人のナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン被告(32)は、遺族やマスコミが見守る法廷で、「天使が落ちてきた」「子供は死なない」などと奇々怪々な発言を繰り返した。真実に近づけると思われた被告人質問だったが、ナカダ被告の胸中が明らかにされることはないまま、19日の裁判員裁判論告求刑公判で死刑が求刑された。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング