茨城県庁17フロア大移動がまさかの引っ越し難民に それでも想定外のPR効果?

産経ニュース / 2018年4月16日 14時1分

引っ越し業者が人手不足に陥った年度末。業者探しに泣いたのは、新天地へ向かう社会人や学生たちだけではなかった。水戸市笠原町にそびえる地上25階建ての茨城県庁も、庁舎内の引っ越し作業を業者に断られ、「引っ越し難民」となってしまった。新年度の業務を開始する4月2日に間に合わせようと、800人を超える県職員が休日返上で引っ越し作業に追われることになったが…。総勢800人を招集引っ越しは昨年9月、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング