「かぼちゃの馬車」問題で謎の団体が暗躍か? トラブル頻発で二次被害の恐れも

産経ニュース / 2018年4月23日 14時1分

投資に失敗し、わらにもすがる思いで救いを求めた相手から、さらに搾り取ろうというのか-。投資向けの女性専用シェアハウスを販売・運営していた不動産会社「スマートデイズ」(破綻)をめぐる物件購入者への賃借料支払い停止問題で、“二次被害”とも呼べる問題が起きている。「被害者救済」をうたう団体が購入者に接触。購入者が問題解決を期待して金銭を支払っても、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング