写真

加工食品製造事業のオーナーになれば高い利子を支払うとして出資を募り、多額の支払いを滞納している「ケフィア事業振興会」(東京都)と関連会社3社が東京地裁から破産手続き開始決定を受けた。ケフィアは契約者の支払いが滞った状況でも勧誘を続け、未払い金を積み上げたとみられ、負債総額は3社と合わせて計1053億円、債権者は約3万人。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング