静岡のサクラエビ不漁と山梨のダムの関係は 川の濁りを両県調査

産経ニュース / 2019年9月16日 13時31分

昨年から記録的不漁が続く駿河湾のサクラエビ漁で、湾から約60キロ離れた山梨県のダムがクローズアップされている。ダム底に堆積した土砂などが湾に注ぐ富士川を濁らせているのが、サクラエビ減少の原因ではないかというものだ。山梨・静岡両県は川の濁りなどを調査しているが、直接の因果関係はいまのところ明らかになっていない。(渡辺浩)水質調査は見解相違注目されているのは、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング