400年前にも「サラリーマン」の悲哀 古文書が語る「ある武士の生涯」

産経ニュース / 2019年12月16日 10時1分

勤め先が倒産し、再就職先でトップに忠誠を尽くすもトップが失脚、転勤を余儀なくされる-。戦国末期から江戸初期を生きた、ある武士の実話だ。最初に仕えた主が滅び、新たに仕えた藩で藩主に重用されたが藩主が改易され、国替えになった後継者の元で再出発を図った。この武士の家に伝わる書簡や、この武士が自らの戦功を書き連ねた「履歴書」ともいえる文書をひもとくと、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング