写真

警視庁渋谷署員によるクルド人男性への職務質問に端を発した5月末の抗議デモは、6月には内容が変化。クルド人の参加はほぼなく、米国で起きた黒人暴行死事件への抗議などが主なテーマになった=6月14日、東京都渋谷区

警視庁渋谷署員から威圧的な職務質問を受けたなどと主張するクルド人男性らが5月に実施した抗議デモに、警察当局が「極左暴力集団」と認定する集団の関係者などが参加していたことが、公安関係者らへの取材で分かった。デモは当初から米国で黒人男性が警察官に暴行され死亡した事件に端を発した「外国人差別撤廃運動」の影響を強く受けていたという見方があるが、クルド人の支援団体側は「われわれは別のグループの主張に便乗された」と困惑。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング