ネット誹謗中傷、進む対策 批判との線引き、「匿名性」に課題も

産経ニュース / 2020年7月8日 6時1分

インターネット上での誹謗(ひぼう)中傷をめぐる対策が本格化している。国は悪意のある投稿を抑止するため制度改正を急いでおり、事業者サイドもネット掲示板の不適切な書き込みを発見・削除する仕組みを導入。こうした技術を会員制交流サイト(SNS)のメッセージに応用しようという動きもあるが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング