罷免決定後の朴槿恵前大統領の対応について、韓国内の左派系報道は右派系に比べはるかに辛辣(しんらつ)な言葉で批判を繰り返している。京郷新聞は社説で、「どんな状況になろうとも分裂した国民の心を一つにし、現在の混乱を克服することに最善を尽くす」とした弾劾審での朴氏の書面陳述内容を「虚言」と強調。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング