「レッドライン(最後の一線)」にまた一歩近づいた。北朝鮮は14日早朝、北西部の亀城付近から弾道ミサイル1発を発射した。高度は2千キロを超え、800キロ近く飛行した後、日本海の公海上の目標水域に正確に着弾させた。発射されたのは新型中長距離弾道ミサイル「火星12」。通常の角度で打ち上げれば射程が4千〜6千キロ超に達し、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング