【緊迫・南シナ海】空自F15と米爆撃機が東シナ海で初の夜間共同訓練 中国や北朝鮮を牽制 米機は南シナ海上空も

産経ニュース / 2017年7月8日 1時19分

【ワシントン=加納宏幸】米太平洋空軍はB1B戦略爆撃機2機が6日、東シナ海上空で航空自衛隊のF15戦闘機2機と共同で初めてとなる夜間訓練を実施したと発表した。尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺で領海侵入を繰り返す中国や、大陸間弾道ミサイル(ICBM)を発射した北朝鮮を牽制(けんせい)したとみられる。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング