「老台北」蔡焜燦氏が死去 李登輝氏と親交、「日本語世代」の代表的存在

産経ニュース / 2017年7月17日 16時20分

【台北=田中靖人】司馬遼太郎の「街道をゆく台湾紀行」に「老台北」として登場し「愛日家」で知られた蔡焜燦氏が17日早朝、台北市内の自宅で死去した。90歳だった。蔡氏は日本統治時代の1927(昭和2)年、台湾中部・台中市で生まれた。地元の商業学校を卒業後、志願して少年航空兵となり岐阜陸軍航空整備学校奈良教育隊に入隊、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング