台湾・蔡英文総統が改憲の意向表明 与党党大会で

産経ニュース / 2017年9月25日 0時49分

【台北=田中靖人】台湾の蔡英文総統は24日、自身が主席(党首)を務める民主進歩党の党大会で、憲法を改正する意向を示した。昨年5月の就任以降、蔡氏が改憲に言及するのは初めて。内容は内政課題に限定しているが、過去に民進党の陳水扁総統が行った改憲では、中国が「台湾独立」の動きだとして反発した経緯があり、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング