【朴槿恵被告公判】地裁が前大統領の勾留延長を決定 最長6カ月「証拠隠滅の恐れ」

産経ニュース / 2017年10月13日 19時20分

 韓国のソウル中央地裁は13日、巨額の収賄罪などに問われ、公判中の前大統領、朴槿恵被告の勾留延長を認める決定を出した。拘束期限が16日に迫っていたが、地裁は「証拠隠滅の恐れがある」などとして、新たに逮捕状を発付。最長6カ月の勾留が可能となった。(ソウル 桜井紀雄)

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング