タリバン活性化、ちらつくロシアの影 10月以降のテロ死者200人

産経ニュース / 2017年11月20日 20時44分

アフガニスタンの治安状況が急速に悪化している。10月に入ってテロで少なくとも200人以上が死亡。イスラム原理主義組織タリバンの活性化が著しい。駐留米軍の増派こそ決まったが、タリバンを支援するロシアの影もちらつき、動向次第では情勢は泥沼化する可能性をはらむ。専門家は「アフガンはこのままでは国家崩壊の危機に直面する」と警告する。■軍備品、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング