【平昌五輪】北朝鮮の得意種目は「体重別」 成績低迷種目でも出場、交流で制裁突破狙う

産経ニュース / 2018年1月24日 7時19分

2月9日の平昌五輪開幕まで2週間余り。20人以上の選手の競技参加や大規模応援団の派遣が正式に決まり、大会における北朝鮮の存在感が日増しに大きくなってきた。政治色を前面に押し出した国際大会参加の歴史や選手強化方針の変遷からは、金正恩朝鮮労働党委員長ら北朝鮮指導部の政治利用戦略が浮かび上がってくる。◇重点競技に絞り選手強化を行ってきた北朝鮮が、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング