ユズ、わさび、ポン酢…日本食材でフランス料理 パリで初のコンクール

産経ニュース / 2018年2月14日 10時14分

【パリ=三井美奈】日本の食材を使ったフランス料理の味を競う初の「日本の味コンクール」が13日、パリで行われた。日本の農林水産省が主催した。柚子、わさび、しらたきなど指定された日本食材の中から最低3品を使って、2時間以内に創作料理を作る仕組み。8人のフランス人若手シェフが腕をふるった。特に人気が高かったのは、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング